FXの取引スタイルに応じで使い分けを

これまでのディーラーを介したFXや、

あるいはFX会社のアルゴリズムを介した
FXとNDDは二者択一ではありません。

 

NDDでは、ひたすら低コストを追求することができます。

 

コスト面に制限がある場合などは、断然NDD方式を選んで取引をするべきです。

 

NDDなら、コストを抑えることができます。

 

しかし、取引のコストを考えずに多くのサービスを要求するのならディーラーなどを介したFXやFX会社のアルゴリズムを介したFXの方が便利だといえるでしょう。

 

サービスの多いFXもたくさんあります。

 

どんな取引スタイルで取引をするのか、どのようなニーズに必要なのか、
状況に応じて使い分けして利用するのがオススメです。

 

取引スタイル・ニーズで選んでいきたいところです。


 

セントラル短資FXは、NDDはやめて、DD方式になっています。

初心者と上級者の取引スタイル

FX会社の中で人気が高い、セントラル短資FXは、これまでの通常のサービスとNDDのサービスを併存させています。

 

「初心者やスウィングトレーダー向けのこれまでの口座」と
「上級者(スキャルパー)向けのNDD」の位置づけを明確にしています。

 

NDD方式でのFXなのか、一般的な店頭取引のFXなのか、
それぞれの特徴に応じて両者を使い分けて利用していくのが賢い選択
と言えそうです。

 

あるFX会社を、ずっと利用していくうちに、
初心者向けから上級者向けへ利用方法を変えるのもいいかもしれません。

 

その時のニーズに応じて取引を行っていきましょう。

 

賢い選択で、きっと素晴らしい取引が実現するはずです。

 

 

一般的なFXとNDD方式の違い

これまでの一般的なFX

@ カバー先から提示されたプライスをもとにFX会社が提示レートを決める。

 

A 利用者の注文を約定させるかどうかは、FX会社が判断。

NDD (ノン・ディーリング・デスク)のFX

NDD

@ カバー先から提示された中から
   最良のレートにFX会社の利益を乗せて、利用者に提示。

 

A 約定させるかどうかは、レートを提示したカバー先が判断。

NDD方式のメリット
● 大口の注文でも約定しやすいこと。

● スキャルピングを排除しないこと。
● スプレッドが超タイトになることもあるということ。
● 透明性が高くて恣意的なレートの操作がない。

 

「TOPページ」 へ戻る