NDD 店頭FX

NDD方式で、約定拒否のない透明なFXの世界へ!

NDD方式と一般的な店頭FX方式の大きな違い

TOPページから続く ↓

NDD

今、話題のノン・ディーリング・デスク(NDD)口座と一般的なFX口座の大きな違いは、FX会社が提示しているレートの決まり方にあります。

 

どのFX会社でも基になっているレートは、
カバー先から提示されています。

 

それだけでは、例えば、「USD/JPN」の通貨ペアのスプレッドが「原則固定0.3銭」となっていても、レートを維持することはできないのです。


タイトなスプレッドになるには

こういうシステムがあるので、アルゴリズムのシステムや
ディーラーが利用者の売り注文と買い注文を相殺させることがあります。

 

また、カバーに行くタイミングを相場の動きを見ながら作業を行ったりして、
「原則固定」になっているスプレッドを維持させていました。

 

ちなみに、スプレッドとは為替のレートに存在している買値と売値の差のことを指します。

 

こういったシステムには収益も期待できるのですが、リスクもあります。

 

取引額が大きい場合や
多種の通貨を扱っている場合、スプレッドはコスト面に影響してきます。

これまでの一般的なFX


@ カバー先から提示されたプライスをもとにFX会社が提示レートを決める。

 

A 利用者の注文を約定させるかどうかは、FX会社が判断。

NDD (ノン・ディーリング・デスク)のFX

NDD

@ カバー先から提示された中から
   最良のレートにFX会社の利益を乗せて、利用者に提示。

 

A 約定させるかどうかは、レートを提示したカバー先が判断。

 

「スキャルピングとNDD方式」 へ続く


免責事項
※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。