NDD方式

NDD方式で、約定拒否のない透明なFXの世界へ!

NDD口座なら「スキャル大歓迎」

NDD

誰のためにNDD口座はあるのでしょうか。

 

もっともNDD方式に適しているのが、
スキャルピングトレーダー
なのです。

 

スキャルピングは、NDDと相性が最適です。

 

一般的なFX会社ではこれまではスキャルパーは排除される存在でした。

 

しかし、今現在NDD各社が口をそろえていうのが、「NDDならばむしろ歓迎」というところです。

 

そのため不条理な約定の遅延、
レートの再掲示、突然の取引停止などはないでしょう。

 

しかし、歓迎されているとうことと
利益が出やすい口座というのは、同じものではありません。

 

これらは別の話しだと言えます。

 

NDD口座を利用する時は、既存のFX口座と癖が違う所に注意しましょう。


スキャルパーが行うべき、賢い選択

さて、実際に実利面ではどうなのでしょうか。

 

1も2もなくスプレッドが重視される要素は、スキャルパーの口座選びなのです。
NDD口座は、デメリットもメリットもあるというのが結論です。
NDD口座なら、スキャル大歓迎しています。

 

2016年1月現在のデータですが、
スプレッド水準を明記した中で最も狭いものは、SBIFXトレード
の「【米ドル/円】0.27銭原則固定」でした。

 

このスプレッドよりも狭くなるのなら、NDD口座を利用する際のメリットが出てきます。

 

しかし、前ページで説明したとおり、NDD方式のスプレッドの幅は大きいです。

 

これよりも狭くなるのであれば、
不安定なこともあり、それはスプレッドがゼロになることやマイナスになる場面です。

 

0.3銭、0.4銭と広がる場面もありますが、どれも不安定です。

 

これらを見ると、賢い選択はNDD口座と「原則固定」がある口座の2つを用意して
おいて、スプレッドを見比べて狭い方を使って取引することです。

 

すでにそうした使い方の傾向がみられるのは、セントラル短資FXの「ウルトラFX」です。

 

ウルトラFXの「米ドル/円」の約定割合をみると、
約定の約60%が集中している時はスプレッドが0.3銭以下に縮まった時です。

 

FXトレーダーは賢明ですね♪

 

 

「NDD方式の約定力は?」 へ続く


免責事項
※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。