YJFX!

バランスに優れた YJFX! 「C−NEX」

YJFX! 「C−NEX」の広告は終了しました!





日本でも採用を始めているFX会社が増えている「CURRNEX」(カレネックス)。

完全に統合されているハイパフォーマンスの
FX取引を提供するテクノロジーのリーダーとして高い評価を受けているのです。

ハイスピードな取引にも対応しています。


バランスに優れた「C-NEX」

その中の代表格と言えるサービスがYJFX! の「C-NEX」です。

世界最高水準のFXトレード環境を提供しているのです。

C-NEXでは、プロフェッショナルトレーダー向けの高速処理をする取引実行インターフェンスでトレードすることが可能なのです。

C-NEXは、世界中の銀行からレートの提供を
受けているためにレートの透明性が高く豊富な流動性が確保されています。


また、インターバンク直結のために
取引制限がないこと、注文数量もほぼ無制限などのメリットがあります。

世界標準的なカレネックス

カレネックスは、NDD口座の世界標準だと言われています。

世界的に使われているカレネックスは、
トレードプラットフォームとして洗練されています。

カレネックスのような同じシステムを作ろうと思うと、
大きなコストも必要でノウハウも必要になってきます。

世界にも多い、カレネックスを採用しているFX会社。

FX会社、利用者、カバー先からどれから見ても使いやすくなっています。

圧倒的な低スプレッド!!透明性高いFXはC‐NEX

カバー先の質と数に優れる「C-NEX」

カレネックスを採用し、
使っている会社は日本にも複数あります。

しかし、各社のプライスは共通ではないのです。

それはカレネックスは、インターバンク市場と
個人投資家をつないでいる「箱」にすぎないからなのです。

この「箱」にどのような値段が表示されるかを決めるのは、カバー先の質と数なのです。

カレネックスがプライスを配信しているわけではありませんし、
カレネックスという市場があるわけではありません。

こういう理由から、同じカレネックスを
採用していてもFX会社によってレートが違ってくるのです。

YJFX! C-NEXでは、
世界的な証券会社や銀行など19社がカバー先になっています。


C−NEXのカバー先一覧
BNPパリバ JPモルガン・チェース銀行
UBS銀行
イーフェックスキャピタル
エルエルシー
オーストラリア・ニュ一ジーランド銀行
クレディスイス銀行ロンドン支店
ゴールドマン・サックスグループ
コメルツ銀行
シティバンク、エヌ・エイ
スタンダードチャータード銀行
ステート・ストリート銀行 ドイツ銀行
ノムラ・インターナショナル・バークレイズ銀行
バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ
ビューティプライム
ピーエルシー
モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・
リミティッド・ライアビリティ・カンパニー
ロイヤルバンク・オブ・スコットランド・ビーエルシー
香港上海銀行
三菱東京UFJ銀行

同じ銀行でも取引先によってプライスを数種類出しています。

YJFX!のC-NEXでは良いプライスが出るようになっています。

スプレッドがゼロになることも少なくありません。

しかし、C-NEXのカバー先を確認してみると
一部ですが見慣れない名前も含まれていることがあります。

C-NEXのカバー先の中に見慣れない名前があるのは、
大手の金融機関の参加にあるヘッジファンドだからです。

これらのカバー先は、
レートがアグレッシブに出されるので、スプレッドが狭まりやすくなるのです。

圧倒的な低スプレッド!!透明性高いFXはC‐NEX

AブックとBブックがあるカレネックス

そしてもう一つ大切なことは、
カレネックスといっても2つのタイプがあるということです。

カレネックスには、個人投資家向けの「バイキング」と
プロのための「クラシック」の2種類があります。

YJFX!のC-NEXが採用しているのは、
クラシックの方です。

C-NEXはもともと上級者向けのサービスとしてスタートしました。

そのためより歴史が古くインターバンクで
使われているツールとも操作性が近いので、クラシックが採用されたのです。

歴史が古いクラシックの方が
トラブルが少なく、システムも熟成されたもの
になっています。

C-NEX最大の魅力は総合力

C-NEXはスプレッドはもちろんですが
最大の魅力は総合力であるでしょう。

サービスが開始された
当初は100万通貨が最低取引の単位でした。

それが、徐々に低くなり、
現在では1万通貨から取引できるようになっています。

取り扱い通貨ペアの数も23になり、主要なものは網羅されています。

C-NEXは、スマホアプリも備えてあります。

最近、FXを利用している人に増えている、チャートを見る時はパソコン、
注文は感覚的に素早くすることができるスマホで、といったニーズにも対応しています。

圧倒的な低スプレッド!!透明性高いFXはC‐NEX

板が見られるFX

カレネックスであることで、
板を確認することができるのです。

株ならば一般的だと言われる板。

板は、価格ごとの注文の数を
示したものですが、FXでは非常に少ないです。

C-NEXの取引ツール画面では、その時現在のレートの
上下5スティックを見ることができ、それぞれ約定可能数量が明記されています。

このC-NEXのように板を利用したテクニックも今後登場してくるかもしれません。

スキャルピング大歓迎

最近では一部のFX会社で
スキャルピングを締め出そうとする動きがみられています。

スキャルピングとは、デイトレードの中でも
超短期時間で取引を終わらせることができる手法です。

一部のFX会社に嫌われている
スキャルピングもC-NEXでは大歓迎しています。

C-NEXは、NDDの入り口には最適かもしれませんね。

3つのタイプの成行注文があるので、
自分の投資手法に合わせた取引を行うことができるのです。

約定スピードも業界最高水準のスピードです。

プロフェッショナルトレーダーにも安心して利用できるサービスです。

圧倒的な低スプレッド!!透明性高いFXはC‐NEX


免責事項
※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。